HOME交流啓発活動>シンポジウム・講演会

交流啓発活動 これまでのイベント

シンポジウム・講演会

【シンポジウム】第2回金沢大学女性研究者支援シンポジウム

女性研究者のキャリア継続 〜社会・制度・パートナーの役割〜 を開催しました。 2009年11月9日

 

昨年の第1回シンポジウムに引き続き、第2回シンポジウムは女性研究者のキャリア継続に焦点をあて開催しました。
日本におけるジェンダー学の先駆者である東京大学の上野千鶴子教授が女性研究者の生存戦略について、内閣府男女共同参画局の大西知子企画官が国の男女共同参画の方針についてそれぞれ講演し、女性研究者のパートナーである本学教員の古畑徹教授、坂本敏夫准教授からは、パートナーの役割についてショートレポートがありました。 また、金沢大学男女共同参画キャリアデザインラボラトリー長の八重澤美知子教授が、本学の女性研究者支援策の中間報告を行いました。
会場を満杯にした学内外からの約150名の参加者にとっては、女性研究者をとりまく環境について理解を深めるとともに、大学における男女共同参画を推進するための今後の支援策の在り方について考える機会となりました。


  • ポスター日時 2009年11月9日(月) 13:30〜17:00
  • 会場 金沢大学自然科学大講義棟 AV講義室 (金沢大学角間キャンパス南地区)
  • プログラム
    開会挨拶 中村信一(金沢大学長)
    講演    「女性研究者の生存戦略」
    上野千鶴子(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
    「女性研究者の活躍を目指して」
    大西知子(内閣府男女共同参画局推進課企画官)
    事業紹介 「金沢大学での女性研究者支援 中間報告」
              八重澤美知子(金沢大学男女共同参画キャリアデザインラボラトリー長)
    ショートレポート 「パートナーの役割」
    古畑徹(金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系教授)
    坂本敏夫(金沢大学理工研究域自然システム学系准教授)
    閉会挨拶 長野勇(金沢大学理事・副学長)
  • ポスター(PDFファイル
  • 当日の様子(写真) 左から順に、上野千鶴子先生、大西知子企画官


【講演】上野千鶴子先生  【講演】大西知子企画官

ページのトップへ