HOME>交流啓発活動

交流啓発活動

広報活動

HWRN合同写真展「Beauty in Science, Technology and Engineering2013」 写真 募集

女性研究者・女子学生から研究の中で撮影された美しい一瞬をポスター(パネル)にして展示するBeauty in Science,Technology and Engineering は,これまで金沢大学内から募集していましたが,HWRN参画機関からも募集し展示を行いました。

 日 時  平成26年3月15日(土)〜3月19日(水)   9:00 〜 16:00
 会 場  四高記念館 多目的利用室1

 写真展チラシはこちら    四高記念館URL http://www.pref.ishikawa.jp/shiko-kinbun/ 

 

今回の写真展は告知期間も展示期間も短かったのですが、多くの来場者にお越しいただきました。
来場者は、HWRN関係者よりも、ご存じなかった方が圧倒的に多かったという結果がアンケートから分かりました。
ご来場いただき、またアンケートに多くのご意見・ご感想をいただき、ありがとうございました。

 

写真展「Beauty in Science, Technology and Engineering2013」を開催しました。

2013年11月に開催されたふれてサイエンス&てくてくテクノロジーで、写真展「Beauty in Science, Technology and Engineering」を開催しました。会場は、金沢大学自然科学本館G2階エントランスで、毎年恒例の人気投票も行われました。本年度の学長賞は武内美佑紀さんの「地下25kmのステンドグラス。」が選ばれ、次点は酒井彩乃さんの「骨格の進化の謎。」でした。武内さんには学長賞として表彰状と学長特製の小豆が贈られました。

  写真(左)武内さん(右)中村学長

 

写真展「Beauty in Science, Technology and Engineering」展示会場 募集

写真展「Beauty in Science, Technology and Engineering」は,主に大学内のイベント(ふれてサイエンス&てくてくテクノロジー)で開催していますが,学外の施設やイベントを通して女子学生などに見ていただきたいと考えています.

研究の中で出会った一瞬をおさめた写真を通して,自然科学系分野の魅力を伝え,女性の進出を促進するための啓発を趣旨としてご賛同いただける施設・団体様があられましたら 男女共同参画キャリアデザインラボラトリー(E-mail : cd_lab@adm.kanazawa-u.ac.jp)までご連絡ください.なお,貸し出しは無料です.

これまでの写真パネルの例

paneru1

 

これまでのイベント

女性研究者の研究を紹介するポスター展を開催しました

理工系女性限定! 「2011年度ふれてサイエンス&てくてくテクノロジー」写真展 作品募集

金沢大学サテライト・プラザで女性研究者の研究を紹介するポスター展を開催しました。2011年4月24日〜5月20日

金沢大学附属図書館で女性研究者の研究を紹介するポスター展を開催しました。2011年3月22日〜4月19日

金沢駅もてなしドームで女性研究者の研究を紹介するポスター展を開催しました。2010年12月13日〜28日

「2010年度ふれてサイエンス&てくてくテクノロジー」で写真展
「Beauty in Science, Technology and Engineering」を開催しました。2010年11月6日

MEX金沢2010「第48回機械工業見本市金沢」で、女性研究者の研究を紹介するポスター展を行いました。
2010年5月20日〜5月22日

金沢駅もてなしドームで、女性研究者の研究を紹介するポスターを展示しました。2010年1月15日〜1月31日

「2009年度ふれてサイエンス&てくてくテクノロジー」に写真展
「Beauty in Science,Technology and Engineering」を開催しました。2009年11月1日

ランチョンセミナーで講演しました。 2009年7月7日

金沢大学大学教育開発・支援センターと共同学習会を開催しました。2009年6月25日

「2008年度ふれてサイエンス&てくてくテクノロジー」に写真展
「Beauty in Science,Technology and Engineering」を開催しました。2008年11月1日

 

シンポジウム・講演会

第4回金沢大学附属病院女性職員懇談会を開催  2014年3月6日

第4回金沢大学附属病院女性職員懇談会が3月6日(木)に金沢大学附属病院で開催されました。
大学病院では,多くの女性職員が日夜を問わず勤務に従事しており,仕事と育児の両立や職場での悩みなど女性職員でなければ捉えることができない課題がこれまで以上に増えてくると考えています。
これらの課題を明確にして育児期における働き方やキャリアアップなど自由な意見を持ち寄り,女性職員がやりがいを持って勤務できる環境を目指す話し合いの場として女性職員懇談会を実施しています。
今回は,医師,看護師,薬剤師,診療放射線技師,臨床検査技師及び栄養士などの女性職員10名が出席し,夜間・日曜保育室「きらきらぼし」の利用状況や育児短時間勤務制度取得状況など部署ごとの対応の違いを中心に和やかな雰囲気の中,有意義な意見交換が行われました。

懇談会の様子

第4回女性医師の生き方セミナーを開催  2014年3月1日

第4回女性医師の生き方セミナーが3月1日(土)に金沢大学附属病院女性医師メンター,金沢大学附属病院,金沢大学男女共同参画キャリアデザインラボラトリー,石川県女性医師支援センター,石川県,日本医師会,石川県医師会の主催により,金沢市内のホテルを会場として開催されました。
女性医師メンターは,女性医師の身近なところで相談に応じ助言を行う先輩医師のことで,附属病院では,4人の医師が石川県からの委嘱を受け,女性医師メンターとして活動しています。
このセミナーは,多くの悩みを抱えながら日々の診療に従事している女性医師やこれからの世代を担う女医学生を中心に,医師としての生き方を考える機会の提供を目的としており,石川県内医療機関を中心に富山福井両県の医療機関を加えた勤務医及び医学生など約40名が参加しました。
セミナーは,上田博芳珠記念病院長の開会あいさつの後,第1部の講演会では,金沢市立病院臨床検査室長の小林雅子先生から「仕事を楽しむ.子育てを楽しむ.毎日を愉しむ.」,金沢大学附属病院整形外科医局長の加畑多文先生から「女性医師が躍進する時代に向けて!〜医局長としての立場から,そして女性医師の配偶者としての立場から〜」と題してご講演いただきました。
また,第2部のグループディスカッションでは,講師,女性医師メンター及び参加者が5つのグループに分かれ,和やかな雰囲気の中,女性医師のキャリアアップや仕事と育児の両立,勤務への相談など有意義な意見交換が行われました。
参加者からは,「たくさんの刺激を受けた。」「いろいろな意見が聞けて有意義だった。」「男性医師の目線からの女性医師のキャリアアップについて話が聞けた。」「常勤医師を続けていこうというモチベーションがわいた。」「他の地域や組織の取り組みについても比較研究することができた。」など好評をいただき,盛会のうちに終了しました。

写真:会場の様子

女子学生のための就職懇談会(主催:地盤工学会の北陸支部)の開催

2013年1月22日、金沢大学自然科学研究棟104教室で地盤工学会北陸支部の主催による女子学生のための就職懇談会が開催されました。
この懇談会は、女子学生がロールモデルの少ない女性技術者について具体的なイメージを持つ事を目的として、当日はまず、結婚後も活躍されている女性技術者 を中心とした自治体,コンサル,建設会社のお勤めの女性4名による職務内容の紹介がありました。その後,それぞれの業種でのライフスタイル、学生時代に予 想していたことと現 実のギャップ、女性が働く上で障害と感じることは、男女差を感じるか、就職に あたっての心構えやポイントなどについてパネルディスカッション形式で討論されました。

ラボラトリーでは、女子学生の就職やキャリア形成の支援活動をしていることを紹介しました。

 

懇談会の様子

ゆー・あいカレッジ 女性のチャレンジ支援コースで講演を行いました

2012年12月11日、 キャリアデザインラボラトリー長の池本良子先生が、福井県ユー・アイふくい男女共同参画推進課の事業で,ゆー・あいカレッジ 女性のチャレンジ支援コース「科学・技術者への招待セミナー」で講演を行ってきました(於:福井県北陸高校)。
当日は、 進学・特進コースの男女学生412名対象に講演「身近な環境から地球環境へ」を行い、その後、企業、工業試験場の女性研究者と福井大学の学生2名を交えて、30名程度の女子学生との交流会を行いました。

講演会の様子

女子高生との交流の様子

 

第5回金沢大学女性研究者支援シンポジウムを開催しました

11月16日、金沢大学自然科学図書館棟G15会議室において第5回金沢大学女性研究者支援シンポジウムを開催しました。今年は、「仕事から学びへ、広がるキャリアデザイン」を副題とし、第T部女性研究者ワークショップでは女性研究者の先生方3名に研究紹介をしていただき異分野間の研究交流を行いました。第U部では中央大学文学部の山田昌弘先生に「男女共同参画は日本の希望」についてお話しいただきました.

第T部の女性研究者ワークショップでは、長谷部先生からはモンゴルや中国など、世界を飛び回って環境調査をされていることと合わせて女性研究者の魅力について、若子先生からはパンティストッキングを題材とした感性工学の調査研究について、石崎先生からは臨床現場の薬の投与に関する疑問に答える「育薬」研究についてお話しいただきました。

第U部の講演会では、 中央大学文学部の山田先生から、日本の男女共同参画がいかに遅れているか、ということと合わせて、男女共同参画のが進まないと経済や社会、家庭にどのような影響があるのか、などについてお話しいただきました。

T部 女性研究者ワークショップ 14:30〜15:45

開会挨拶 キャリアデザインラボラトリー副ラボ長 坂本 二郎

14:35〜 理学系 研究発表 長谷部 徳子先生 (環日本海域環境研究センター) 

14:50〜 工学系 研究発表 若子 倫菜先生 (理工研究域機械工学系)

15:05〜 薬学系 研究発表 石ア 純子先生 (医薬保健研究域薬学系)

15:20〜 質疑応答など

       休憩

第U部   講演会 16:00〜17:30

開会挨拶 金沢大学長 中村信一

16:05〜  事業紹介 キャリアデザインラボラトリー長 池本良子

16:15〜  演題 「男女共同参画は日本の希望」

        講師 中央大学 文学部 教授 山田昌弘氏

17:15〜 質疑応答・意見交換など

閉会挨拶 金沢大学 理事・副学長 有松 正洋 

女性研究者ワークショップの様子    

講演会の様子

理工系女子学生交流会について

参加者数: 65〜70名

長谷部徳子先生による開会のあいさつの後、連想ゲームでアイスブレイクを行い、「これからのキャリアデザインのために大学あるいは大学院に期待する支援とは?」をテーマにグループワークを行いました。その後、ガールズトークおよびアンケート回答で異なる分野や学年の学生が交流を行いました。 参加者からは「他学類、他学科の女子学生の考え方や就活などに関する話が聞けてよかった」「先輩との交流をとおして刺激を受けた」などの感想を得られました。

女子学生交流会の様子

 

たくさんのご参加、ありがとうございました。

 

 

第4回金沢大学女性研究者支援シンポジウムのアンケート集計結果

第4回女性研究者支援シンポジウム「女性の活躍を支える企業と大学」の参加者に対するアンケートの結果を集計しましたのでお知らせします.女性の働きやすい環境について考えるきっかけになったようで,おおよそシンポジウムの目的は達成したようです.今後,シンポジウムを開催する際の参考にしたいと思います.

 

1.参加者の属性

@性 別

A年齢層

B所属等

 

2.本日のシンポジウムをどこでお知りになりましたか。

 

3. シンポジウムの成果1

 

3. シンポジウムの成果2 ( 女子学生のみ回答)

 

これまでのイベント

【シンポジウム】第4回金沢大学女性研究者支援シンポジウムが開催されました。2011年12月7日
【セミナー】第2回女性医師の生き方セミナーが開催されました。2011年11月19日
【シンポジウム】第3回金沢大学女性研究者支援シンポジウム「多様な人材を活かす大学へ 〜女性研究者養成のこれから〜」を開催しました。2010年12月7日
【セミナー】第1回女性医師の生き方セミナーが開催されました。2010年11月14日
【講演会】「北欧社会における女性 デンマーク、スウェーデン、ノルウェーの事例から」を開催しました。2010年7月7日
【講演会】ジェンダー学の授業担当者のための勉強会を開催しました。2010年3月10日
【シンポジウム】第2回金沢大学女性研究者支援シンポジウムを開催しました。2009年11月9日
【講演会】「女性研究者を養成するしくみ プリンストン大学からの提言2」を開催しました。2009年7月8日
【講演会】プリンストン大学 柴田智子先生をお招きして講演会を開催しました。2009年3月17日
【講演会】北海道大学女性研究者支援室長 有賀早苗先生をお招きして講演会を開催しました。2009年1月13日
【シンポジウム】第1回金沢大学女性研究者支援シンポジウムを開催しました。 2008年12月8日